スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝細工(横切り2)

昨日で今年の磯も終わりました。

長崎鼻3回目の磯だったので
採り尽くした感じもありましたが
その割にはよく採れたと思います。

身体はガタガタですが最近運動不足なので
心地よい痛みというところでしょうか。



午後から貝細工開始です!!

何日か前から“ウラウズガイ”のとげとげ感を
いかしてみたいと思っていたので挑戦してみたら
面白い形が現れました。


磯で比較的多く目にするウラウズガイです。

DSCN1484 (350x263)


貝の底を輝きが出るまで砥石で磨きます。

DSCN1487 (350x263)


適当な厚さに横切りします。

DSCN1492 (350x263)


表面の層を輝きが出るまで削り厚さを調整し
全体を磨いて仕上げます。

DSCN1502 (350x263)


ペンダントにしてみました。

DSCN1503 (350x263)



特別でないありふれた貝を利用したいという思いに
沿った作品だと思います。


ウマラシュイッタゾ。(うまくいったぞ。)


スポンサーサイト

<< 久しぶりの佐世保。 | ホーム | 海上から見た宇久島(最終) >>


コメント

ペンダント、シンプルでいいですね。
創作意欲にも、磨きがかかってきたみたいですね、
楽しそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。