スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海上から見た宇久島(1)

相変わらず貝殻を切ったり磨いたりの一日ですが
特筆することがありません。

そこで昨年の9月に瀬渡し船で宇久島を一周した時の
写真をアップしてみたいと思います。

このような機会は今までなかったので
違った宇久島がみれました。

宇久平港を出発して蒲浦~下山~神浦~飯良~本飯良~寺島上陸
寺島~大久保~木場~太田江~野方~古志岐の灯台上陸
古志岐~大浜~長崎鼻~スゲ浜~宇久平港の順です。

特に古志岐の灯台はすごかったですよ!! お楽しみに!!

宇久島の玄関口宇久平港。
青い屋根があるのは高速船が着くところ
右の大きな建物は行政センターです。

332 (350x263)

船が港に入るとき左の高台にみえるシーパークホテル。

335 (350x263)

宇久平港をあとに・・・

334 (350x263)

後ろにみえているのは前子島。

338 (350x263)

蒲浦の港。
三ケ崎神社(海幸の神として信仰が厚い)の鳥居が小さくみえます。

339 (350x263)

下山の港。アコウ樹があります。

340 (350x263)

本日はこれまで!!

スポンサーサイト

<< 海上から見た宇久島(2) | ホーム | 貝細工(下準備) >>


コメント

見つめる角度が違うとまた新しい発見もありますね、
特に波にかかる岩の面白い形には興味がありました。
どんな波もしっかりと受け止める力強い形が多かったように
思い出されます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。