スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殖えましためだか。

5月の末にめだかの赤ちゃんが最初10匹ほど産まれたのですが
いまや2つの器に合計200匹ほどになっています。
まだ産まれる様子です。


水面近くだけでなく底のほうにも水草の中にもいっぱい。

DSCN1275 (350x263)

産まれた日が違うのである程度大きくなったもの
産まれたてでよく見ないとわからないほど小さいもの
大きさもいろいろです。

DSCN1270 (350x263)



一昨日は大変でした!!

産まれた環境をあまり変えないほうがいいだろうと思い
水も変えずそのままの状態にしていたところ
1匹の赤ちゃんが死んでいました。

大変だ!!ということで
魚をさばいていた妻を呼び“めだかの赤ちゃんの引っ越し”を開始。

ところが赤ちゃんが小さすぎて手こずる手こずる!!

普通の網では目が粗すぎですくえない。
けっきょく水切りネットを使用しましたが小さい赤ちゃんは
ネットにくっついて離れてくれない。
水を入れた別の器にネットをつけ
赤ちゃんがネットから離れてくれるのを待ち
赤ちゃんが離れたら大きめのスプーンですくって
仲間のところに戻すという作業の繰り返し。
1匹でも死なせないようにと大変でした!!

2時間ほどかかりました。

いまは水を半分ほど替え
酸素ポンプを交代で使用しています。

順調に育ってね~!!

DSCN1278 (350x263)



その間さかなはほったらかしでした。

猫から盗られんでよかったな~。

スポンサーサイト

<< 貝細工(下準備) | ホーム | 宇久島は清掃日。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。