スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まなちゃん、くうくんまたおいで!!

まなちゃんと空くんは私の弟の孫で
兵庫県宝塚に住んでいます。

夏休みになったので法事ごとを兼ねて
宇久島に遊びに来ました。

28日午後8時15分着のフェリーで到着し
その日は食事を済ませて就寝。

29日午前中に弟一家は大浜に海水浴。
海がとてもきれいで海水浴を満喫したようです。

11時からの法事を終えて食事を済ませ
午後から観光へ出発。


スゲ浜での弟一家。
まなちゃんはしゃいでます!!

DSCN1644 (350x263)



長崎鼻の灯台。

DSCN1650 (350x263)


対馬瀬の灯台
大きく見えるな~。

DSCN1655 (350x263)


船隠し。

DSCN1660 (350x263)


海は夏の強い日差しがあたってギラギラです。

DSCN1656 (350x263)


今日の6時55分発のフェリーで帰りました。
短い時間だったけどとても楽しかったです。
2人ともとっても良い子でしたよ!!
“宇久じい”は2人ともだいすきです。

DSCN1664 (150x113)        DSCN1668 (150x113)


食べかけのかき氷がのこってるよ~~~。

DSCN1669 (350x263)


来年食べにこんばたい!!


スポンサーサイト

スゲ浜

スゲ浜の海に向かって左の端に
ハマボウとハマユウが咲いています。

ハマボウです。アオイ科の落葉低木。

DSCN1624 (350x263)


一見ハイビスカス似の黄色い花が咲いています。

DSCN1627 (350x263)


そばにはハマユウ群落。

DSCN1629 (350x263)


ヒガンバナ科の多年草で別名ハマオモトだそうです。

DSCN1632 (350x263)



水際にはカニのすみかが見られました。

DSCN1621 (350x263)


スゲ浜から見た前子島、うしろは野崎島。
空は真夏の空にはまだほど遠いようです。

DSCN1633 (350x263)



水質は沖縄よりきれいといわれる宇久島です!!



小さなお客さん。

親戚のお孫さんの海音くんと青空くんが遊びに来ました。

海音くんと青空くんは川棚に住んでいますが
夏休みなので二人だけでおじいちゃんの家に来ています。

二人とも宇久島が大好きなようです。

今日は自分たちが拾った貝殻に穴をあけてと
ビニール袋に貝殻を入れて持ってきました。

お母さんのおみやげを作るそうです。
かわいいな~!!

これは海音くんが自分用に作ったもの。

DSCN1594 (350x263)


これは青空くん用。

DSCN1599 (350x263)


これはお母さんにおみやげ。
ストラップの紐や鈴の色にもこだわりました。
ネックレスにも鈴をとの希望でしたが却下しました。

DSCN1602 (350x263)


その後のヒゴタイを見たいとの妻の希望でドライブに出発。

DSCN1612 (350x263)


乙女が鼻を背景にしたヒゴタイ。

DSCN1608 (350x263)


花が咲いていました。

DSCN1613 (350x263)


道の草刈りが済んでいましたが
ヒゴタイだけは刈り取られず残っていました。
よかった!!よかった!!

DSCN1609 (350x263)


帰りは青空くんは車で寝てしまいました。
疲れた??



八坂神社夏祭(お上り)

八坂神社夏祭(お上り)が終わりました。

13時に出発したお神輿は
十川、針木、野方、太田江、山本を廻って
18時頃に神社に到着しました。

最後の神社への走り込みは
毎回わが家の前から行われます。

RSCN1591 (350x263)


神社に入るには直角に曲がらなければなず
非常に緊張する瞬間です。

今回も無事、神社に入ることができ
周りの人達から拍手が起きていました。

お祭りも聞くところによると
事故もなく順調に終えることができたそうで・・・

よかった!!よかった!!


八坂神社夏祭(祇園祭)。

今日と明日は祇園様です。

白装束の若者(?)達が神輿を担いで走る姿が
勇壮さを感じさせます。

DSCN1579 (350x263)

走ることで神風をおこし役を払うということです。

DSCN1581 (350x263)

今年は二年に一度の大廻り(野方廻り)の年で
十川、針木、野方、太田江、山本を廻ってきます。

参加のみなさんは熱中症に十分気を付けてください。



貝細工(サザエ)


苦戦中のサザエ磨きでしたがやっと完成しました。

サザエ磨きだけしていると他の作業がおろそかになるので
作業の合間に毎日少しずつ磨きました。

トゲを取ってしまうと簡単だったんでしょうが
そうなるとサザエじゃなくなるので
なるだけトゲを欠かさないように
慎重に行いました。

中央には失敗して欠けた後があります。


DSCN1574 (350x263)


光沢は結構うまく出ましたが
トゲはいくら磨いても光沢は出ないようです。

DSCN1573 (350x263)


“苦戦した~。”の記憶が薄らぐと
また手を付けるかもしれないけど
当分は・・・無いかな。


ことし最初のセミ。

相変わらず貝殻を切っていると
使用している電動ルータと同じような音が
ジージーと聞こえてきました。

電動ルータの調子が悪くなったかなと思い
ルータを止めてみると
それでも聞こえてきます。


ニイニイゼミの鳴き声だと気づき捜索開始!!

いたいた、いました!!
木と同じ模様なのでわかりにくいですね。

DSCN1567 (350x263)


それでは別の方向から
これならわかるかな。

DSCN1569 (350x263)


あけない梅雨にしびれを切らし
土の中からでてきたのでしょうね。


最愛の伴侶に出会えたらいいね。


ヒゴタイ。

まだヒゴタイを見たことがないという妻を連れて
太田江~梅の木経由でヒゴタイを見に行ってきました。


梅の木から三浦港に続く道と三浦港です。

DSCN1519 (150x113)       DSCN1521 (150x113)


三浦神社。

DSCN1533 (350x263)


三浦のソテツは根廻り1.7m長さ約10mの大樹が3株あり
樹齢1000年といわれ
臥竜状のものとしては日本一の長さを誇ると
いわれているそうです。

DSCN1528 (150x113)       DSCN1532 (150x113)


目的のヒゴタイです。

DSCN1554 (263x350)


一株だけにうす紫色の花が咲いていました。

DSCN1535 (350x263)


近くにはオレンジ色の綺麗な花が・・・。
名前は・・・?(無言・・・)

DSCN1550 (350x263)


大浜にもヒゴタイがあったと思ったのですが
ありませんでした。

DSCN1559 (350x263)


三浦のヒゴタイ
また刈り取られてしまうのでしょうか・・・。

絶滅危惧種なのに!!




久しぶりの佐世保。

7月7日七夕です。

妻の勤めるふれあい館では
“ふれあい七夕祭り”が開催されますが
私は職場の先輩が瑞宝双光章を受賞され
その記念祝賀会に参加するため
佐世保に旅行することになりました。

4ヶ月ぶりの佐世保行きです。
退職前は仕事で月一回以上は
フェリーに乗っていたので
そう苦にはならなかったのですが
今では旅行するのがおっくうです。

軍港佐世保。

DSCN1507 (350x263)

久しぶりの桟橋ですね~。

DSCN1512 (350x263)


接岸です。

DSCN1511 (350x263)


職場の先輩Tさんの祝賀会。
Tさんには在職中大変お世話になりました。
厳しいイメージの方でしたが情に厚く
一人一人の事をよく考えていてくださいました。
大変偉大な方です。

RSCN1518 (350x263)

久しぶりにたくさんの方にお会いして
楽しいひとときを過ごさせていただきました。
出席してよかった。
ありがとうございました。

瑞宝双光章受賞ほんとうにおめでとうございます。
いつまでもお元気でお過ごしください!!


貝細工(横切り2)

昨日で今年の磯も終わりました。

長崎鼻3回目の磯だったので
採り尽くした感じもありましたが
その割にはよく採れたと思います。

身体はガタガタですが最近運動不足なので
心地よい痛みというところでしょうか。



午後から貝細工開始です!!

何日か前から“ウラウズガイ”のとげとげ感を
いかしてみたいと思っていたので挑戦してみたら
面白い形が現れました。


磯で比較的多く目にするウラウズガイです。

DSCN1484 (350x263)


貝の底を輝きが出るまで砥石で磨きます。

DSCN1487 (350x263)


適当な厚さに横切りします。

DSCN1492 (350x263)


表面の層を輝きが出るまで削り厚さを調整し
全体を磨いて仕上げます。

DSCN1502 (350x263)


ペンダントにしてみました。

DSCN1503 (350x263)



特別でないありふれた貝を利用したいという思いに
沿った作品だと思います。


ウマラシュイッタゾ。(うまくいったぞ。)


海上から見た宇久島(最終)

古志岐の美しさを十分堪能したあと
見えてきたのは大浜でした。
よく見たら左半分しか写っていません。(失敗!失敗!)

432 (350x263)


城ヶ岳をバックにした長崎鼻の灯台。

433 (350x263)


満潮時の長崎鼻の灯台。

434 (350x263)


昨日から長崎鼻の磯三回目が始まっています。
今日は一番潮が引いた日で灯台よりもっと沖の方まで
磯をすることができました。
成果? きかんで!!(聞かないで!!)

城ヶ岳をバックにしたスゲ浜。

436 (350x263)

紅貝がたくさん流れてきたらいいな~。

437 (350x263)

うしろの建物なんだったかな?

438 (350x263)


浜方です。(堀川)
ふれあい館が屋根のとこだけ見えます。

439 (350x263)

ということで
海上から見た宇久島の紹介は終わりです。

良い機会を与えていただいた関係者のみなさん
ありがとうございました!!

海上から見た宇久島(6)

登るのも大変でしたが下る方がより緊張しました。

古志岐の後ろを回って帰ります。
北西の方角から見た古志岐。

426 (350x263)


北側からの古志岐。

427 (350x263)


鳥の名前はあとで聞いたのですが忘れました。

428 (350x263)



東側から見た古志岐。(ちょっと写りが悪いかな?)

429 (350x263)


六十年宇久島に住んでいて二回目の古志岐訪問でしたが
一回目は子供の頃だったので灯台まで登ったかどうか記憶にありません。

今回の頂上からの景色はとても素晴らしく忘れられないものに
なりました。

多くの人に見てもらいたいものですが・・・。
簡単に行けないんですよね~。

430 (350x263)


南東から見る古志岐をあとに大浜、スゲ浜を見ながら帰ります。

431 (350x263)

今度はいつ来れるかな~。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。